肝臓は肝心かなめの重要臓器です。

肝臓は、人間の体内で一番大きな臓器で、
およそ1.2キロから、1.5キロ位あるといわれています。
形は三角形のような形をしており、右葉と左葉にわかれており、右の助骨のなかに位置しています。

 

肝臓の中には、毛細血管が張り巡らされており、3000億個の肝細胞のあいだを血液が流れています。
肝臓には冠動脈と、門脈という太い血管があり、冠動脈は酵素を供給し、門脈は栄養分を運びます。
その2つの太い血管から、1分間に1.5リットルという血流が流れ込んでいます。

 

先ほど毛細血管があるといったのは、この二つの血管が枝分かれして、
酵素と栄養を届けています。門脈が運ぶ栄養成分は、酵素が数百種類も使って代謝されて、
体全体の各部にで適応しやすく再合成されます。その科学反応は、1万種類以上にもおよぶというのです。

 

日本語で、「肝心かなめ」という言葉がありますが、
その言葉のとおり、肝臓は体内の臓器の中で心臓と同じくらい重要な臓器であり、
代謝、解毒、胆汁の生成を行っています。

 

まず代謝ですが、胃や腸で食べたものが消化され、
吸収されやすい形で、門脈を流れる血液によって、肝臓へいったん運ばれ貯蔵されます。
そこで、体の各部で使いやすい形となって物質代謝、つまり、各部の適応する形の臓器に運ばれます。

 

体内に入ってきた薬やアルコールなど有害物質と、
体内作られたアンモニアなどが解毒されて、尿や便となって体外へ放出されます。

 

胆汁は、脂肪の分解、あぶらに溶けやすい脂溶性のビタミンの消化や吸収を助ける働きをします。
肝臓が分泌した胆汁は、胆管を通って胆嚢へ運ばれて、そこで濃縮されます。
胃から十二指腸に流れてくる、たべものが消化・吸収されるのを助けるために十二指腸に放出されます。

 

肝臓には再生する機能があります。
たとえ半分死んでしまったとしても、ほかの肝細胞がカバーしてくれるのです。
ですから、よほどのことが無い限り、肝臓が悪くなってるかもと病院へ行くことは無いのです。
それで世に言う沈黙の臓器なのです。